はらだみずきの活動を紹介しています


はらだみずきの作品本棚
← こちら 

はらだみずきのTwitter → https://twitter.com/@startsfromhere

☆ 新刊 ☆

『風の声が聞こえるか サッカーボーイズU-17』
 
(角川書店)2017/10/26



県立青嵐高校サッカー部2年の武井遼介は、Bチームでもがいていた。県3部リーグ優勝を目標に戦う中、サッカーに対して迷いのあるチームのエース、上崎響と試合中に口論となり、衝突してしまう。インターハイでは、スタンドで応援役にまわる遼介らBチームの部員たち。Aチームのために喉を嗄らし、練習を重ねた応援歌を熱唱するが、遼介の胸には、このままでは終われない、という気持ちが強くなっていき……。



『海が見える家』(小学館文庫)2017/8




入社一ヶ月で会社を辞めた直後、田舎暮らしを始めた父の死を知らされた。電話は知らない男からだった。孤独死したのか。文哉が霊安室で対面した父は、なぜか記憶とはまるでちがう風貌をしていた。家族に遺されたのは、丘の上にある、海が見える家。文哉は早々にその家を処分するため、遺品整理をはじめる。そして、疎遠にしていた父の足跡をたどると、意外な事実を突きつけられていくのだった。夏、豊かな自然が残る南房総の海辺の暮らしを通して、文哉はもう一度自分の人生を見つめる時間を過ごす。「幸せとは何か」を静かに問いかける、著者、新境地の感動作。





『ようこそ、バー・ピノッキオへ』   

幻冬舎文庫  2017/4




白髪の無口なマスターが営む「バー・ピノッキオ」。カウンターにわずか8席の小さな店に、連日、仕事や恋愛に悩む客がやってくる。人生に迷い疲れた彼らは、店での偶然の出会いによって、それぞれの「幸せな記憶」を呼び醒ましていき……。そして、マスター自身もまた、誰にも言えない秘密を抱えていた。バーに集う人々が織りなす大人味の物語(文庫紹介より)




『名もなき風たち サッカーボーイズU-16』

2016/11 (角川書店)



2011年、高校生になった武井遼介は、関東の強豪サッカー部に入部する。東日本大震災から1ヶ月、ふつうにサッカーができる現状に葛藤を抱きながら、遼介は新入部員約50名でスタートした部活に励む。しかし、全国大会を視野に入れたレベルの高い部内では、1年生チームの中ですらポジションを確保できずにいた。やがて1年生は2チームに分裂し、紅白戦が開催されることに。勝敗によって両チームの選手を入れ替えるサッカー版“大富豪”という特殊ルールで、遼介はチーム内での立場を思い知らされ、夏の1年生大会、ルーキーズ杯へと向かう――。



『サッカーボーイズ 卒業 ラストゲーム』
 2016/6




県大会出場をかけた大事な試合で、遼介は右膝を痛めて負傷交代し、試合にも敗れてしまう。さらに監督の草間がベンチで倒れ、入院してしまった。遼介たち3年生にとって中学最後の大会となる夏の総体が1ヶ月後に迫るなか、キャプテンと監督を欠き、不穏な空気に包まれる桜ヶ丘中サッカー部。3年間をともに過ごした仲間たちとの、最後の夏がはじまる―。真っすぐでがむしゃらな少年たちを描いた傑作青春小説、堂々の完結。